前へ
次へ

メイク前のお肌づくり

多くの女性にとってメイクは欠かせないものです。
そしてすべてのメイクの基礎となるのが基盤となるお肌作りです。
ファンデーションがすっと密着するキメ細かい肌だと、ファンデの持ちがずっとよくなります。
メイク前にはたっぷり化粧水をつけて保湿をして、次に美容液、乳液、日焼け止め、メイク下地という順番に塗っていきます。
日焼け止めはかなり重要です。
日光がない冬でも油断しないでつけることが大事です。
そうしないとあとでしみになって浮きあがってくることがあります。
オフィスの乾燥した空気も肌ダメージを進行させる要因になりますが、たっぷりと化粧水と美容液をつけて素肌にうるおいを与えておくことでダメージを防ぐことができます。

メイクアイテムのファンデーション

肌を美しくしてくれるメイクアイテムがファンデーションです。
ファンデーションは、リキッド、パウダー、クリームなどの種類があり、それぞれ特徴が違います。
一番普及しているのがパウダータイプで鏡つきのコンパクトに入っていてお化粧直しが楽ちんなのが魅力です。
カバー力の強さで言えばリキッドタイプがお勧めです。
リキッドタイプは化粧直しができませんが、その分パウダータイプよりも持ちがよく、慣れれば簡単につけることができます。
どんなファンデーションをつける場合でも、下地をつけることが大事です。
最近は美容効果の高い化粧下地が沢山あります。
一本で保湿効果やUVカット効果があるものもあり、朝のメイク時間の短縮になります。

Page Top